現在HPリニューアル中につき非表示の箇所等があります

月刊yosari 2020年8月号「夏真っ盛り!8月と言えば…」

「月刊yosari」2020年8月号をお送りします。先月スタートの企画なので通算では第2号です!

例年であれば8月は全国各地で催し物が開催され、多くのアクティビティが楽しめる月です。しかし、今年の8月はコロナウイルスの影響でイベントは軒並み中止に…日差しと気温はいつもの夏だけどいつもより楽しみが少ない夏となりました。

よさこい界においても、高知のよさこい祭りの中止やにっぽんど真ん中祭りの通常開催の断念(ニコニコ動画とYouTubeでのライブ配信を行うテレどまつりでの開催)などコロナウイルスの影響を受けなんとも寂しい8月となりました。

そんな状況ではありますが我々は下記の活動を行いました。

今月のyosari

「#写真でよさこい」受賞作品一覧!

chuu!さんの #写真でよさこい にyosari賞を開設していただき選定させていただきました。

→「#写真でよさこい」受賞作品一覧!企画に参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

安心・安全な舞台を、「みんなで」作り上げたい。-Tokyo総おどり実行委員長 鈴木健斗-

Tokyo総おどり始動に伴い実行委員長・鈴木健斗さんにオンライン取材をさせていただき、記事にまとめました。

→安心・安全な舞台を、「みんなで」作り上げたい。-Tokyo総おどり実行委員長 鈴木健斗-

今月のよさこい

また、今月はよさこいに関するトピックスも多くありましたのでまとめさせていただきます。

24時間テレビでの広末涼子さんのメッセージ

日本テレビの”24時間テレビ”にて女優の広末涼子さんが中止になった高知のよさこい祭りをメインに日本各地のお祭りとそれらに関わる人達の気持ちを代弁する様なメッセージを読み上げてくださいました。

お祭りへの想いを、手紙にしました。
読ませていただきます。 

よさこい祭りは、高知の夏を彩る、人々の活気と土佐の魂が宿る、歴史あるお祭りです。

私も、物心ついたときから
よさこいと共に育ってきました。

 

祭りが中止になっても、夏のイベントがなくとも、
人は生きていけるじゃないか。
生死に関わることじゃないんだから。

そう言う人がいるかもしれません。

確かにそうかもしれません。

 

けれど、日本全国の様々なお祭り。
そこへ懸ける情熱と人生。

祭りが、人と人との繋がりを生み、絆を深め、時に生きる歓びと原動力になる。生きる意味と活力になるのだということを、私は、この24時間テレビでの取材を通して改めて知りました。

 

動く。

でも、動けない…

悔しくて涙する。悔しくて、歯がゆくて、
みんなぐっと我慢しています。

 

けれど、この我慢の今は、妥協ではありません。

まして、敗北などでは、絶対にありません。

私たちの中にある「祭り魂」は、
困難にも負けません。

 

来年、日本中のお祭りで、
またみんなで会いましょう。

必ず、笑顔で。待っています。

来年、日本中のお祭りでまたみんなで会いましょう。我々も同じ気持ちでいます。

[ 踊る警察官 ] よさこい総踊り【GReeeeN/この地へ~】みんなでよさこいプロジェクト 高知県警察PV2020

高知県警の方々が踊るこの地へ〜の動画が、日本テレビのスッキリにて紹介されTwitterのトレンドに乗りYouTubeの動画再生回数は100万回を超えました!

南海キャンディーズの山ちゃんが動画を紹介したことをきっかけに、地上波のテレビでよさこいが放送されSNSを中心に大きな反響があった様です!

→[ 踊る警察官 ] よさこい総踊り【GReeeeN/この地へ~】みんなでよさこいプロジェクト 高知県警察PV2020

第22回にっぽんど真ん中祭り「テレどまつり」開催!

8月28~30日の3日間で行われたテレどまつり。

→テレどまつり オンライン大総踊り「晴れルヤ!」

例年とは違う開催方式に開催前は不安の声も多かった中、開催期間中のSNS上の反応は上々で、以下のようにオンライン開催に対する好意的な意見も多く上がっていました。

暑さが緩み、学生さんに引退の二文字が近づく秋…来月のyosariの活動にもご期待ください!


掲載内容の修正・削除が必要な場合には、気軽にお問い合わせページよりご連絡くださいませ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!